TOP

このサイトを見れば風俗の超天国モードであなたも昇天必須!?

カラオケ付きのホテルで羞恥プレイ

俺は女の恥ずかしがる姿を見るのが好きだが、当然ほとんどの女は恥ずかしい行為を嫌がる。嫁とのセックスもマンネリ化してきたので羞恥プレイを提案したが、断られてしまった。そこで俺は嫁には秘密でデリヘルを利用することにした。俺が目をつけたのは以前友人から紹介してもらったM店。サイトを見ると、「働き始めたばかりでまだまだ不慣れですが、とても素直でいい子です」という紹介文のNさん(22歳)が目にとまった。早速M店に連絡を入れ、Nさんを指名した。指定のホテルに入ってきたNさんは、「よろしくお願いします」とぺこりとお辞儀した。ホテルの部屋にはカラオケが設備されていた。俺は緊張している様子のNさんとディープキスをし、そのまま指マンを始めた。びくっと反応するものの、声を抑えている様子の彼女。俺は彼女と舌を絡めるのをやめると、カラオケのマイクのスイッチを入れ、Nさんの口元に持っていった。そうすると彼女の微かな吐息混じりの声もはっきりと聞こえるようになり、彼女は一層恥ずかしがった。俺はそのままお構いなしにNさんのマンコを攻め立てる。必死に声を我慢していた彼女も、どんどん息が荒くなり、声も大きくなっていく。それらはマイク越しに部屋に響いた。びくっと跳ねて一際高い声をあげる彼女。絶頂したのだろう、彼女のマンコは愛液でグッショリだった。「恥ずかしがってたくせにいっちゃったの?」と尋ねると、彼女は半泣きになってしまった。最高の体験をありがとう。次にNさんを指名するときはもっと恥ずかしい思いをさせてやろうと思う。

デリヘルH店でK嬢を再び指名しました

数ヶ月くらい前にHという料金が安いデリヘルで、けっこう良い嬢に当たりました。安いお店に在籍しているのがちょっと不思議なくらいでしたね。それでまたその女の子とプレイしたくなって、H店に電話してみました。電話番の人が出ると、以前呼んだK嬢を指名したいという旨とラブホテル名と時間を伝えました。運良く先客がいなくてすぐ呼べるみたいでした。ラブホテルの部屋に1人で入ってテレビを見ながら待っていると、K嬢がやって来ました。インターフォンがピンポーンという音を出すとドアを開けます。K嬢は私を見て、「お久しぶり!」と言ってくれましたね。前回呼んだのは数ヶ月前のことですが、ちゃんと覚えていたようです。脱ぐ前に服の上から軽くおっぱいを揉んだらちょっと恥ずかしがっていましたね。脱いでからはお風呂場に行って身体を洗ってもらいました。ベッドインしてからはシックスナインの体勢になって、ク○ニしながら、お口で逝かせてくれました。

店外OK!夢が広がるガールズバー

なんと普通に店外デートのできるガールズバーを発見しました!いやもちろん風俗じゃないですよ。ただ、この激しい競争の中、普通に女の子を店に置いとくだけでは生き残れないと店の店長だかオーナーだかが判断したんでしょうね。女の子にまあ簡単に言うと色恋営業をアドバイスしているというわけです。もちろん違法なことはしていませんし、あくまでも「夢を売る商売」っていうんでしょうか。必ずしもお店で飲むだけじゃなくてそのアフターフォロー、アフターケアまでしましょうね、っていう趣旨なわけです。私も三回ほど通ってお気に入りの子を連れ出しました。店で1時間半ほど飲んで1万円のお支払い。その後は別のお店に移動して食事をしてカラオケ行って終了ですね。お互いのプライベートなことまでしゃべれてすごく楽しかったです。これからはこういう店の外にも飛び出していく形のガールズバーも増えてくると思いますよ。店内だけの接客じゃどうしても限界がありますからね。その分客単価アップも見込めるし店と客、両方にとって良いことなんじゃないでしょうか。