TOP

このサイトを見れば風俗の超天国モードであなたも昇天必須!?

大宮は埼玉の中でもかなりの風俗(デリヘル)街

大宮は風俗街というイメージは一切ないでしょう。それもそのはず、小さな範囲に風俗店がゴロゴロあるわけではないからです。逆にデリヘルてんが多くラブホテルなどの方が目立つかもしれません。基本的には東京や全国各地に存在するような風俗街は存在していませんが、デリヘルが沢山あるだけでもその地域は風俗の街という認識があっても良いのではないでしょうか。大宮は都心からも離れたやや田舎に切り替わる境の地域です。ですので、高速道路なども通っておりインター付近のエリアには田舎や地方特有のラブホ密集地も存在しています。これだけでも風俗やデリヘルが盛んとなる条件は十分にあると言えるでしょう。大宮ではデリヘルは多いほうです。特に移動できる範囲が膨大となる為、かなりの店舗が存在しています。また、埼玉特有の貧乳文化がある為、男性の巨乳への憧れもあるのか風俗利用者は多い方であるといえるでしょう。人口も非常に多い県ですので利用者男性も多そうです。特に人気があるのはギャル系です。もともとヤンキーやギャルが多い傾向にある埼玉ですが、ギャルとヤンキーにはかなりの認識の差があります。ギャルは美人でイケイケといった感じですが、ヤンキーはただの品疎な体格の柄・性格の悪い女性です。こうなると普段の日常で交流のある女性がいかに利用とかけ離れてしまっているかが分かるでしょう。思いっきり理想に近い女性との絡みだけでも欲しいと考えると、風俗やデリヘルはまさに擬似的な欲求を満たしてくれる非常に嬉しいものになるはずでしょう。本来はそれほど求めないものですが、埼玉に至っては理想と現実のギャップが激しすぎるが故に、夢を諦めてしまうような傾向も強く風俗・デリヘルに依存してしまう人も多いのだとか。こればかりは非常に悲しい現実に、風俗というものが普通に利用できても良いのではないかと感じてしまうほどです。しかし、キャバクラのような業界はそこまで盛んでもないようです。前述したように、身なりはヤンキーをちょこっときれいにした感じで性格はあまり良くないとなれば、それほど好んで利用する人もいないかもしれません。そうですよね、キャバ嬢風な見た目になっただけで日常でよく見るあり連れた種類の女性がいるだけでしょうし。そんなこんなでデリヘルなどの特別感は大宮では特に感じされるものなのかもしれません。地元でも利用する割合は非常に多いほうなのではないでしょうか。


大宮 デリヘル

デリヘルH店でK嬢を再び指名しました

数ヶ月くらい前にHという料金が安いデリヘルで、けっこう良い嬢に当たりました。安いお店に在籍しているのがちょっと不思議なくらいでしたね。それでまたその女の子とプレイしたくなって、H店に電話してみました。電話番の人が出ると、以前呼んだK嬢を指名したいという旨とラブホテル名と時間を伝えました。運良く先客がいなくてすぐ呼べるみたいでした。ラブホテルの部屋に1人で入ってテレビを見ながら待っていると、K嬢がやって来ました。インターフォンがピンポーンという音を出すとドアを開けます。K嬢は私を見て、「お久しぶり!」と言ってくれましたね。前回呼んだのは数ヶ月前のことですが、ちゃんと覚えていたようです。脱ぐ前に服の上から軽くおっぱいを揉んだらちょっと恥ずかしがっていましたね。脱いでからはお風呂場に行って身体を洗ってもらいました。ベッドインしてからはシックスナインの体勢になって、ク○ニしながら、お口で逝かせてくれました。


仙台 風俗

カラオケ付きのホテルで羞恥プレイ

俺は女の恥ずかしがる姿を見るのが好きだが、当然ほとんどの女は恥ずかしい行為を嫌がる。嫁とのセックスもマンネリ化してきたので羞恥プレイを提案したが、断られてしまった。そこで俺は嫁には秘密でデリヘルを利用することにした。俺が目をつけたのは以前友人から紹介してもらったM店。サイトを見ると、「働き始めたばかりでまだまだ不慣れですが、とても素直でいい子です」という紹介文のNさん(22歳)が目にとまった。早速M店に連絡を入れ、Nさんを指名した。指定のホテルに入ってきたNさんは、「よろしくお願いします」とぺこりとお辞儀した。ホテルの部屋にはカラオケが設備されていた。俺は緊張している様子のNさんとディープキスをし、そのまま指マンを始めた。びくっと反応するものの、声を抑えている様子の彼女。俺は彼女と舌を絡めるのをやめると、カラオケのマイクのスイッチを入れ、Nさんの口元に持っていった。そうすると彼女の微かな吐息混じりの声もはっきりと聞こえるようになり、彼女は一層恥ずかしがった。俺はそのままお構いなしにNさんのマンコを攻め立てる。必死に声を我慢していた彼女も、どんどん息が荒くなり、声も大きくなっていく。それらはマイク越しに部屋に響いた。びくっと跳ねて一際高い声をあげる彼女。絶頂したのだろう、彼女のマンコは愛液でグッショリだった。「恥ずかしがってたくせにいっちゃったの?」と尋ねると、彼女は半泣きになってしまった。最高の体験をありがとう。次にNさんを指名するときはもっと恥ずかしい思いをさせてやろうと思う。


東京 高級 風俗

新着記事一覧

新着記事を一覧でご紹介いたします。

他にもカテゴリーから記事をお探しください。